さざなみのように

「今これちょっと気になる!」「ほらこれちょっと言いたい!」をちょこちょこっとリマインドします。よかったらどうぞ~。

行くべき道に行くように

f:id:wikihaha:20170520010148j:plain

写真はこの春、念願かなって初めて行った韓国旅行にて。釜山の映画祭通りは道路に名だたる監督の手形があったり、こうした彫刻があったりして「映画祭の街」の雰囲気があります。この人(彫刻)、向こう側のリスさんを撮影してるの。

 

 

f:id:wikihaha:20170520010157j:plain

これは韓国の新幹線みたいな特急電車KTXの車窓から撮ったもの。農地のあぜ道が舗装されてなくて、すごくいい感じでした。

 

 

f:id:wikihaha:20170520010205j:plain

観光地のビビンパ屋さんのわきの矢車草。彩りがとってもきれい。春っていいね。

 

韓国に興味を持ったのは、2000年代初頭に作詞家の松本隆さんが韓国映画の「ペパーミント・キャンディ」をみて「感性がすごい、これからは韓国映画の時代だ」と言ってたのを聞いて、「へー」と思ったのがきっかけでした。以来、映画、ドラマ、音楽などにひかれ、遅ればせながらハングルも勉強したりして、ようやく今年行けました。思いのほか韓国の人は日本人の私にも親切で、見るべきところもいっぱいで、食べ物は全部おいしくて、めっちゃ幸せでした。

 

という旅行の話とはあんまり関係ないのですが、人生ってときどき岐路があるけれど、どうも、「行くべき道に行くように」なってるような気がしませんか?

 

例えば会社をリストラされて、転職活動に四苦八苦しても、結果的にそのおかげでわらしべ長者のように好きな仕事にたどりつけるんですよね。もしクビになってなければ自分から辞めていたとは思えず、たいして面白くもないスキルアップするわけでもない仕事に満足して続けていたかと思うとゾッとします。後になって、あのときクビになってよかったありがとう、と思うことが何度かあって。

 

例えば若いときに素敵だーと思っていた人にフラれて悲しい思いをしても、もっと大人になってからその人の非常識な言動を伝え聞き、ああ、そうだったのか、そういう残念な人だったんだ、と知り、縁がなくてよかった、と思ったり。

 

転職を考えるとき、悪い職場では思いっきり条件が悪かったり、ホームページが明らかにダサかったり、イヤミな上司がパワハラをしたり、あらゆる事象が「ここは居るべき場所ではないよ」とサインを送ってくれるのです。中途半端に条件がよかったり、居心地がよかったりすればそうそう転職なんてしないもの。でもね、不思議なことに、居るべきではない場所だと、ちゃんと悪いことが起きて、私をそこから押し出してくれるんです。

 

ちゃんと、行くべき道に行くようになっている。

ほんと、不思議です。

 

でもやっぱり、苦悩の末に道が開けるのは、ちゃんと自分がものごとに真摯に向き合っているときなんでしょうね。でもさ、大事なことって真摯にならざるをえないじゃない。だからやっぱり、行くべき道に行くようになってるんだよなぁ。

 

かと言って、今リストラされたりしたらえらい困るんですけどね(笑)

ダガヤサンドウをパトロール中に思わぬハッピーに遭遇

f:id:wikihaha:20170517000230j:plain

ダガヤサンドウ

東京の千駄ヶ谷(せんだがや)~北参道あたりにちょいとおしゃれなカフェや雑貨店などがある、として最近話題になっています。

 

f:id:wikihaha:20170517000411j:plain

と言っても手にした新聞の切り抜きは2016年9月のもの。1年前やね「ニッチでリッチな裏立地」。やっとタイミングが合って行ってみることにしました。

 

f:id:wikihaha:20170517000538j:plain

JR千駄ヶ谷駅。嵐の神宮球場コンサートくらいでしか来たことなかったなぁ。(昔)

いや、最近ホープ軒にに行ったか。思いのほか美味しくて驚いたんだった。

 

f:id:wikihaha:20170517000605j:plain

東京体育館の横を歩くと

 

f:id:wikihaha:20170517000819j:plain

おー、これが新聞記事に載ってたおしゃれカフェ「グッドモーニングカフェ」か。

 

f:id:wikihaha:20170517000851j:plain

その向かいに、去年の記事じゃ「バロワーテラス」だけど看板はすでに違うお店。にぎわってます。

 

f:id:wikihaha:20170517001102j:plain

ほう、これがちょっとモスバーガーの特別版という「モス クラシック」か。

 

f:id:wikihaha:20170517001143j:plain

あ、なんかこの雑貨屋さん、おしゃれっぽ。

「GENERAL FURNISHINGS & Co.」

http://generalfurnishings.jp/

 

f:id:wikihaha:20170517001312j:plain

このグレーのマグカップいいわー。しかも1200円。買い。

(ちょっと大人にプレゼントしたいと思ってる方、このマグカップはきっと気に入ってくれると思う。オススメ)

 

f:id:wikihaha:20170517001404j:plain

窓辺の観葉植物、木といい器といいおしゃれ~。こういうのあったら部屋がいい雰囲気になるな、って思うんですよね。どれどれ? 奥の鉢が気に入ったら、「宇宙の木」だって。3500円。買います!

 

f:id:wikihaha:20170517001516j:plain

こちらはソフトクリーム屋さん「レティエ」 とってもかわいいお店は女性やらカップルやらで賑わっています。

 

f:id:wikihaha:20170517001559j:plain

蜂蜜とかナッツとかいろいろトッピングして味が完成するタイプのソフトクリーム屋さんですが、あえてシンプルなミルク(400円)を注文。甘さ控えめで脂肪分高そうで、ちょっとホイップしてあって、うーん、確かに何かを足したほうが完成するかもな、という印象でした。

 

f:id:wikihaha:20170517001719j:plain

5差路の向こうに、「鳩森八幡神社

 

f:id:wikihaha:20170517001801j:plain

狛犬さん「あ」が好きで、どの神社に行っても挨拶します。

こちらはちょっと勇ましい感じの狛犬さんでした。

 

f:id:wikihaha:20170517001849j:plain

千駄ヶ谷富士塚」ですって。小さい山を登ると富士山に登ったくらいのご利益がある系ですね。

 

f:id:wikihaha:20170517001928j:plain

こちらの狛犬さん「あ」にもご挨拶して

 

f:id:wikihaha:20170517001950j:plain

富士塚をのぼります。

 

f:id:wikihaha:20170517002009j:plain

 

オー、ナイスジャパンですね~。そんなに広くない敷地の中にいろいろとエンタテインメントと信仰心がつまっています。

 

f:id:wikihaha:20170517002054j:plain

こちら、鳩森八幡神社におまいり。

 

f:id:wikihaha:20170517002142j:plain

神社のお向かいには立派な松の絵があるガラスばりの舞台も。

こちらで能や舞が演じられることもあるんですね。

 

f:id:wikihaha:20170517002257j:plain

あら、神社の前に映画「3月のライオン」の看板が。ロケシーンあったかな?と思ったら

f:id:wikihaha:20170517002345j:plain

すぐ近くに「将棋会館」が。すごい、小学生っぽい子がさっさと入っていく。漫画のまま、映画のままに、将棋を志している人がリアルに集っていらっしゃいます。

 

f:id:wikihaha:20170517002443j:plain

さらに南にくだっていくと、突然こんな牛さんが。

どうろから「飛び出し坊や」みたいにちょっと出てるところがいいのよね。

 

f:id:wikihaha:20170517002546j:plain

こちらはセレブカジュアルな雑貨&ファッションの店、「ロンハーマン」。でかいわ。

 

f:id:wikihaha:20170517002634j:plain

全体おしゃれだわ、でもほしいものはなかったわ。

 

f:id:wikihaha:20170517002701j:plain

テレビでもよく紹介されたコールドプレスジュース「デービッドオットージュース」とアイス「キッピーズ ココクリーム」。街ナカなんだけど海辺のようなおしゃれスペース。

 

f:id:wikihaha:20170517002841j:plain

あー、ここウェブなどで見て一度来てみたいと思っていた家庭用品などの雑貨屋さん「LABOUR AND WAIT」。

なりものいりで報道されてたけど、思ったよりつまらなかったかな。デザインが突出しているわけでもなく、他でも代用できそうだしなんなら100均でいいよ、という品揃えでした。タワシなんかやたらにあったけど、国産シュロタワシとかのがおしゃれといえばおしゃれよ。使い勝手はダイソーよ。

 

f:id:wikihaha:20170517003101j:plain

って感じで、見るもの見ました、と北参道駅の方に向かって帰ろうとしていたら

 

f:id:wikihaha:20170517003137j:plain

すてきな花嫁さんたちに遭遇!

街でスナップを撮っていたらしく、後ろからそっと撮らせてもらおうかなと思ったんだけど、新郎さんが気づいてわざわざふりむいて笑顔を見せてくれました。

「おめでとうございます!」

幸せをおすそ分けしていただいて、こちらまでずっとニコニコして帰りました。

ダガヤサンドウはおしゃれで楽しいスポットも多いけど、こんなハッピーにも遭遇しちゃったりしました。

(※写真のお二人と筆者は関係はございません)

 

f:id:wikihaha:20170517003419j:plain

 

こちら、東京メトロ北参道駅

ちょっと交通の便は不便でも、休日に激込みの原宿や表参道は避けたい、という向きには落ち着いてていいです。

 

f:id:wikihaha:20170517003512j:plain

これ、宇宙の木とマグカップ。こういう買い物するとは思わなかった。めっちゃ気に入ってます。

アンスティチュ・フランセな休日のオチは

f:id:wikihaha:20170515012431j:plain

アンスティチュ・フランセ東京。

http://www.institutfrancais.jp/

 

英語だとインスティテュート・フランス、という感じ。

 

2012年9月にフランス大使館文化部と日仏学院が統合し、「アンスティチュ・フランセ日本」が誕生。フランス政府公式機関としてフランス語講座やフランス発の文化、思想、学問を発信しているところです。

 

ここで「カイエ・デュ・シネマ週間」という映画の上映会をやってて、多くはもちろんフランス映画なんだけど、韓国のホン・サンス監督の日本未公開映画をやっていて、見に行きました。

 

f:id:wikihaha:20170515013223j:plain

JR飯田橋駅からちょっと歩くのよね、なんだか趣きのある坂道ねぇと思ったら道を一本間違えてました。

 

f:id:wikihaha:20170515013321j:plain

緑のしげる「アンスティチュ・フランセ」。一歩敷地に足を踏み込んだときから、そりゃもうオシャレな雰囲気。庭に面したレストランも素敵なんだけど、今日は貸し切りだったみたい。

 

f:id:wikihaha:20170515013435j:plain

本を売ってるとこかしらね、フランス映画みたいねー。

 

f:id:wikihaha:20170515013518j:plain

受付がもうおしゃれ。もちろん日本人なのでご安心を。

 

f:id:wikihaha:20170515013544j:plain

ちょっとしたカフェもこの雰囲気。

 

f:id:wikihaha:20170515013603j:plain

2階に上がると映画の上映を待人々。私今回の上映、直前にやっと知ったんですが、大勢いらしててすごいわー、みなさんどうしてこんな情報を得るのでしょう。きっとフランスクラスタでネットで情報を得たり、メルマガ会員とかなってる、フランス映画好きな方が多いんだろうなぁ。

 

f:id:wikihaha:20170515013804j:plain

チケットの整理番号順に入場。朝から満席でした。場内はちゃんとした映画館で、ちゃんとくつろいで見られました。

 

知る人ぞ知る、みたいな映画を見て、いい気分で歩く休日。すてきよね~。

ここはちょっとおさえておくべきだわ。

 

ということで、アンスティチュ・フランセ(何度言っても覚えられない)に来るときは飯田橋から来たけれど、散歩がてら市ヶ谷方面に歩いてみました。

 

f:id:wikihaha:20170515013925j:plain

お堀ぞいの遊歩道は、村上春樹ノルウェイの森」に出てくるイメージで、とてもいい感じ。都心なのに緑いっぱいで、風景も開けていて散歩には最高です。

 

f:id:wikihaha:20170515014230j:plain

 

すてきね~と思いつつ、歩いていたら

「ズルッ」

あれ、何か踏みましたね。

 

f:id:wikihaha:20170515014311j:plain

ガーン、犬のうんこではないかーい。

できたてのやつ、上から踏んでしもうたではないかーい。

 

f:id:wikihaha:20170515014351j:plain

くそーと思いつつ、そこらじゅうの草で足裏をガシガシ拭きながら、中央線オレンジ×総武線イエローの邂逅を苦い思いでながめておりました。

 

f:id:wikihaha:20170515014504j:plain

あと、土手の高さでこんな古い小さい建物があって

「危険 絶対に上がらないで下さい」

と書いてあるんだけど、言われればますます上がりたくなるなぁ、田舎にあるような建物でおもしろいなぁ、と思いながら。市ヶ谷駅まで歩きましたとさ。ちゃんちゃん。

自分の食いぶちは自分で稼ぎなさい

f:id:wikihaha:20170514001710j:plain

先生からの金言っていろいろあるけれど、いちばんためになったのは、大学1年のときに、ゼミの高齢の女性の先生に言われた言葉。

 

「女性も、自分の食いぶちは自分で稼ぐようになりなさい」

 

今や当たり前ですが、まだ受験戦争を乗り越えてたばかりで、東京の学校に上京してポヤ~ンとしている18才の自分には「え?」という感じでした。

 

18才じゃ、自分の将来なんてどうなるかわからないし、就職はするだろうけれど、結婚もしたいけれど、子供もほしいけれど、相手がどんな人だかわからないし、そうなったときに具体的に自分の生き方を自分でコントロールできるものなのか、あたいにはまだわかりませんて~、みたいな感じでした。

 

先生はおっしゃるのです。

「夫も子供も生きがいにはなりません。結婚しても、子供を産んでも、仕事を続けなさい。自分で最低限、自分の食いぶちを稼ぎなさい」

 

そうなんだ。まだよくは分からないけれど、きっとそういうものなんだ。自分の食いぶちは自分で稼ぐつもりで、いよう。その語りかけによって、18才の時点で「仕事をする」ということへの自分なりの舵が切れました。

 

ほーんと、その通りだったわ!

就職もしました、結婚もしました、子供も産みました。そして幾度かの転職を繰り返しながらもずっと働き続けました。

 

小さい子の子育ては、それは大変です。そのおかげで、経験するものしか分からない命の大切さや、他者を育む幸せを知りました。先人の子育てはもっともっとたいへんだったことでしょう。私の時代は保育園というありがたい場所があり、子育てを共有することができました。

 

そしーて、そのたいへんな時期がすーっとラクになり、自分の人生が楽しくなる時期がきます。仕事も紆余曲折を経て、また楽しくなるものです。なんちゅうの、仕事あっての、自由あっての人生。家族とは仲いいけれど、生きがいとしてすがりつくのではない、自分の人生。

 

先生は、自分で稼ぐことによって、自分の人生を自分で選択できる、ということを伝えたかったのではないかと思います。

 

生きてるだけでお金はかかるもの。健康保険、国民年金、住民税、所得税、食費、交通費、携帯代に生活費もろもろ。そういうのって自分でまかなわないと、世の中の仕組みは分からない。実際、学生では実感しないんじゃないかな。そういうのを他者に頼ってしまうと、キャリアアップの機会を逃したり、仕事の楽しさを知ることがなかったり、生きがいにしていたものが離れていったり、生きる上での不自由を感じたり、ということもありうるわけです。

 

健康であれば、仕事をしよう。自分の食いぶちは自分で稼ごう。そしたら自分の足で立てて、自由を得られる。

 

昔はけっこう女性の場合、「腰かけ」みたいな仕事のスタンスが多かったんですよね。若いうちに「一生働くんだ」という方向付けがあれば、最初から自分の人生に能動的になれる、という教えだったんですよね。ありがたや。

「なか卯」に抱かれて

デスク脇に立てかけていた雑誌「レタスクラブ」をふと見ると

f:id:wikihaha:20170513001130j:plain

はっと気づいた題字の下

 

f:id:wikihaha:20170513001153j:plain

なか卯」唐あげ&サラダ無料クーポン付 200円分! ですって!

 

f:id:wikihaha:20170513001230j:plain

表紙に書いてあるのがキモよね、じゃないと気づかないものね。

ということで、「なか卯」って四半世紀ぶりくらいかしら(笑) クーポンを切り取り、行ってみることにしました。

 

f:id:wikihaha:20170513001339j:plain

ぎょぎょ、「なか卯」と言えば「うどん」と思っていたのに、

まず左上に「牛丼」がきて、「親子丼」「カツ丼」「カレー」ときてからの「うどん」なのね。そうなんだ、きっと丼ものが売れるのね、「うどん」じゃはなまるや丸亀勢力に押されてしまっていつの間にか方向転換したのね。

 

「サラダ無料券」を使おうと思って、単品をたのもうとおもったんだけど

 

f:id:wikihaha:20170513001548j:plain

ありゃ、結局、単品よりランチセットの方がお得じゃない。いろいろついてて。でもこれだけあって、プラスサラダってちょっと多い、うーんと、うーんと…

 

 

f:id:wikihaha:20170513001838j:plain

「カツ丼」かーい! いやー、ボリュームがあって(おばさんには)うまいねー。

サラダを無料でつけてもらってごちそうさま!

 

f:id:wikihaha:20170513001941j:plain

ぬぬぬ、お店でキャンペーン中の無料券をこんなにくださったではないか。

これ、無料券をきっちり使い切っておトク感を味わうのが好きな私のようなものにはクーポン地獄ではないかいなー。このまま使いきろうとすると毎日「なか卯」に抱かれる感じだわ。

 

ということで、テイクアウトなら複数買える!と思って今日は帰りに夜ご飯分買って帰ることにしました。

 

唐揚げをつけたいけど、メインはやっぱり「カツ丼!」

 

f:id:wikihaha:20170513002210j:plain

 

ヘイ3人分お待ち!って、またクーポンをどっちゃり!

これでは今月いっぱいまだまだ「なか卯」に抱かれ続ける日々ではないですか!

 

なか卯」に~抱かれて~、聞こえる~う~た~は~♪

 

唐揚げ無料券!

 

次は夜ご飯に牛丼を買って帰って「こだわり卵」をつける!

ランチは「冷やし担々麺」を食べて唐揚げをもらう!

クーポン使い切るのよ! そしてまた入れられちゃうのよ!

 私は使い切りたいのに!

にわか「カルディ族」が買ったもの15

カルディコーヒーファーム

それは、ちょっとオシャな、雑多ながらもちょっと意識高そうな食品雑貨店。

f:id:wikihaha:20170512002931j:plain

 

あんまり行かないんだけど、駅ビルを歩いているときに「母の日セット」というのが目につき、「うん?」と足をとめました。こういうの、アイキャッチって言うのよね、消費者心理を的確にキャッチしてるわ、うまいな、どれどれ…と中に入ってみました。

 

f:id:wikihaha:20170512002957j:plain

あら、柚子しおラーメンですって、これおいしそ、一個いただき。(カゴを手にする)

 

f:id:wikihaha:20170512003034j:plain

冷麺に上海やきそば、やっべ、どれも一個ずつ食べてみたいわ。(カゴにポイポイ)

 

f:id:wikihaha:20170512003115j:plain

あ、これ、母の日の贈り物のダンボールの空きスペース埋めるのにちょうどいい自分も買って味見しよう。(2個ずつポイ)

 

f:id:wikihaha:20170512003158j:plain

これよ! パンダの杏仁豆腐。箱からにゅる~って出てくるやつ。買うわ。ええ、大きい方を買うわ。

 

f:id:wikihaha:20170512003237j:plain

知ってる。カルディクイズでいつも出てくるやつ。「いちばん売れてる商品は?」って。トマトの水煮缶よ!(ポイッ)

 

f:id:wikihaha:20170512003320j:plain

きゃー、けんぴけんぴ、芋けんぴ。じゃなくて塩けんぴなのね。今食べたい!ポイッ!

 

f:id:wikihaha:20170512003405j:plain

レアチーズケーキですって。パッケージもオシャよね。駅ビル通路側にあるなんてパンダの杏仁豆腐の次を狙ってるのかしらね。ポイ。

 

f:id:wikihaha:20170512003514j:plain

やっぱこういうパスタは押さえとかないとね。ポイ。

 

f:id:wikihaha:20170512003539j:plain

おめーよ(重いよ) おかーさん、おめーよ。

ちょっとのつもりがこんなに買っちまっただよ。

 

f:id:wikihaha:20170512003624j:plain

さっそく、冷麺に、上海やきそばに、ジャクソンヴィルのウインナー。うまし!

 

f:id:wikihaha:20170512003702j:plain

杏仁豆腐も冷蔵庫で1日冷やして、と。

 

f:id:wikihaha:20170512003721j:plain

うにゅる~~、出た~! 杏仁豆腐のワンダーランドだよ!

 

f:id:wikihaha:20170512003746j:plain

おかーさんは食べ放題だよ!

 

にわかカルディ族。行くと危険なので(いっぱい買っちゃうから)、あまり近寄らないことにするわ。でも美味しいわ!

サクッとハシゴできる♪香川さぬきうどんの美味しい6店

5月って素敵。
寒くもなく、暑くもなく、ふとんから出るのも苦にならず、風はさわやかで花いっぱい。
ゴールデンウィークは終わったけど、そのままのノリでフットワークも軽く出かけたくなります。

2月に四国の香川県にいったときは、冬だったけど、うどんの食べ歩きが楽しかったなぁ。今みたいなあたたかい季節ならレンタサイクルではしごうどんするの、気持ちいいだろうなぁ。…と思いつつ、おいしかったうどん屋さんをあげてみたいと思います。

 

しかし!

食べログのリンクを埋め込みたいのだけど、

 

[食べログ]アクセスが制限されています

 

なぜかこうなっちゃうんです。

はてな様と食べログ様は競合みたいなもので、相容れないのかなぁ、残念。

 

なので、シンプルにURLを貼っていきます。

 

香川県のおいしいうどん屋さん

 

麺処 綿谷 高松店

https://tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37005730/

 

高松市内の「瓦町」という繁華街にあるうどん屋さん。

朝けっこう早くから空いてるので寝台特急サンライズ瀬戸で早朝到着しても、「朝ごはん」ならぬ「朝うどん」が食べられます。

f:id:wikihaha:20170509002913j:plain

牛肉ぶっかけ

 

f:id:wikihaha:20170509002928j:plain

繁華街のアーケード街にあります。営業時間8:30~14:30

 

竹清 本店

https://tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37000051/

 

有名な女優さんもくるとかで人気のうどん屋さんらしい。

おばあちゃんたちが給仕してくれて、基本セルフのうどんやさんです。

ちくわとたまごの天ぷらがトッピングにいけてるらしい。

美味しかったよ!

f:id:wikihaha:20170509003141j:plain

開店前から地元の若者で行列が。

f:id:wikihaha:20170509003149j:plain

順番に並んでオーダーします。

f:id:wikihaha:20170509003223j:plain

たくさん食べられなければ半玉で大丈夫。おいしいよ♪ レモンのっけます。

 

わら家

https://tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37000057/

 

琴平電鉄、通称「ことでん」に乗って、琴電屋島へ。

あの「屋島作戦」の屋島という地名らしいです。

大きな古民家風のつくりで、釜揚げうどんをいただきました。

f:id:wikihaha:20170509003425j:plain

f:id:wikihaha:20170509003439j:plain

もちろん美味しかったよ!

 

手打十段 うどんバカ一代

https://tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37000242/

 

高松市内でちょっとはずれたところにレンタサイクルでチャリチャリ~。

人気のお店らしく、行列ができてます。

釜バターをいただきました。

 

f:id:wikihaha:20170509003616j:plain

f:id:wikihaha:20170509003624j:plain

いい~ね!おみやげうどんやつゆもいっぱい買っちゃいました。

 

こんぴらうどん 本店

https://tabelog.com/kagawa/A3703/A370302/37000010/

 

高松市から「ことでん」に乗ってこんぴらさんのある琴平へ。

表参道にあるこのお店はなんと、「ちびまるこちゃん」がこんぴらさんへお参りしたときに食べたお店だそうで、座ったテーブルの位置まで貼り紙で掲示してあるんです。

ちびまるこちゃん一家がすわったとなりのテーブルで、とり天3個のせのうどんを食べました。おいしいよ~。

f:id:wikihaha:20170509003859j:plain

手前が「ちびまるこちゃん」一家が座ったテーブル

f:id:wikihaha:20170509004152j:plain

 

さぬき麺業 高松空港

https://tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37000064/

 

帰りの高松空港で、最後のうどん! 嵐もきたとかいうこのお店、チェーン店なのか、どうなのか、と思ったけど、やっぱりおいしい。香川のうどんはどこもおいしい。

f:id:wikihaha:20170509004319j:plain

f:id:wikihaha:20170509004328j:plain

f:id:wikihaha:20170509004352j:plain

 

 

最初のいくつかは、あらかじめ地元民におすすめの店を聞いていったところだったし、そうじゃなくてフラリと入ったお店も、文句なくおいしかった!

そりゃもちろん全国的なチェーン店はあるけど、そうじゃなくて地元ならではのうどん屋さんって、ほんと、人もやさしくて、メニューも地元色があって楽しめます。量も少なめからたくさんまでイケルし。

さぬきうどん最高~。またいきたーい!